記憶術 種類

記憶術は、大きく分けると2種類あります。

1つは、純粋に記憶のコツのようなものによって
記憶の効率を上げる方法です。

例としては、
「座の方法」:宴の座席と
そこに座っていた人間とを対応させて記憶する。

「フックの方法」:物を掛けるためのフック(鈎)を
想像して、これに記憶すべきものを対応させる。等が
あります。

もう1つの記憶術とは、
人間の能力を向上させることによって記憶力を
向上させる方法です。

記憶術には「分割」と「組み立て」が存在します。

短期記憶は7±2の法則により、
一度にあまり多くの情報を詰め込むとそれに対処できません。

なので、膨大な情報を記憶する場合は、
それぞれをいくつかの短い断片に「分割」(チャンク化)します。

そして、各自にそれを記憶し、後にそれをつなげる
「組み立て」を行うことで記憶を完成させるという
方法があります。

例としては、視野の拡大、右脳の活性化する方法や、
記憶力の向上によい食品や生活スタイルにする方法が
あります。

記憶術を向上させるには、右脳を活性化することが
重要かもしれません。

記憶術をマスターすることにより、
とてつもない大きなパワーを発揮できそうです。

posted by 記憶術 at 00:38 | 記憶術 種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。